FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お盆は家系図で親戚大盛り上がり!

こんにちは!

家系図代行作成「かおる~む」の橋本です。

お盆も終わり、青森はもうすっかり秋に突入して
おります。
皆様、いかがお過ごしでしょうか?

さてタイトルにもあるように、お盆に間に合わせて
家系図作成したお客様から、一様にこんな
コメントをいただきました。

「親戚って集まって、そこに家系図があると
 みんなで先祖のことで盛り上がるものですね~」
(((o(*゚▽゚*)o)))
「親戚関係を遡って、色々な話が聞けて、今年は
 先祖を偲ぶいいお盆になりました!」

かく言う私も、今回母方の総本家の大叔父に
とても感謝されました。本家なので一族の
家系図作りたいとずっと思ってはいたものの、
誰にどんな風にお願いすればいいのか
ずっと悩んでいたそうなんです。

みなさんのお悩み解決に、一役買って
私自身もいいお盆となりました。

それでは、また
スポンサーサイト

お盆に間に合わせて!お願い!

こんにちは!

家系図作成代行をしている橋本亮子です。

来週お盆に突入しますね~
地方でお盆と言えば、親戚がたくさん集まって
先祖の供養をし、ワイワイガヤガヤと本家で
過ごす・・・・というのが昔からの習わしでしたが
最近は、本家に集まるという風習も、無くなりつつ
ありますね。゚(゚´Д`゚)゚。

それでも、去年や今年に身内を亡くされたかたに
とっては、大事な行事のひとつでもあります。

今回も、3か月前に、父親を亡くされたYさんから
家系図作成の依頼をいただきました。

Yさん 「橋本さん。この前父が亡くなったけど、
     いつもこう言われてたんだよ。うちは
     長男が早く死ぬ家系だから、お前も
     気をつけろよ!親父は二男で長生き
     したけど、俺は長男だから親父の言葉に
     影響されるんだよ。
     これって、家系図作成すれば理由が
     わかるの?」

私 「とにかく、家系分析してみますね。
   それよりなにより、今回家系図作成する
   ことを、亡くなったお父さんは喜んでくれ
   ると思いますよ~」

Yさん 「今年、親父亡くなっての新盆だから、
     親戚いっぱい集まる。だから、何とか
     お盆に間に合わせてくれ!」

はい。了解しました。(^∇^)

ということで、お盆に間に合わせて納品に
伺い家系図を説明させてもらいました。

今回も・・・
Yさん 「えっ?私はY家の本家だと思ってた
     けど、Y家のホントの血筋じゃなかった
     の?」

またまた衝撃の真実を知ることになったのです。

そうなんです。昔はその家を守るために、男の子が
生まれなければ、親戚の男の子を養子にもらった
り、娘に婿養子を迎えたり。
家を存続させることが、先祖を絶やさない大事な
ことだったんです。

それが、自分のひいおじいさんの時代に行われ
ているケースが多いので、そこまで知らないで、
その家の血縁関係続いていると思い込んでいる
ひとは、多いですね。

かく言う私の父方の祖父も婿養子です。
最近まで、どこの出身で旧姓は何かすら
知りませんでした。

だから、家系図作成するって、なんかミステリー
小説を読むように、いろんな謎が解けていく感じ
ですね。

それでYさんの「長男が早く死ぬ家系の理由は?」
の回答ですが、それはY家の秘密なので
口外できません(T_T)

あしからず

それではまた


亡くなった両親が言えなかったこと・・・その2

こんにちは!

家系図代行作成している「かおる~む」の橋本です。

さてさて、先日の続き

除籍謄本を取り、家系図作成したら
自分の知らなかった事実を知ってしまった
依頼主 Oさん

ご自分の父親が養子縁組していた事実を知り
当然、ビックリなさってました。

それでも、Oさんのご両親には、Oさんにその
事実を知らせる意味はなかったのでしょう~

それよりも、Oさんの父親がわずか3歳で
養子となり、11歳で養父が亡くなり、幼いながら
養母を助けて生きてきたという事実に
衝撃を受けたようでした。
((((;゚Д゚)))))))

それから、Oさんから、父親のことをいろいろ
お話していただきました。

Oさんは語りました

「幼い時、親父に対して、大好きだけど
 なんとなく気を使いすぎて男らしくないと
 感じたことがあったけど、それは親父の
 幼少時代の環境にあったんだなあ~と
 今回初めて知りました。
 いや、本当に親父の気持ちを知れただけ
 でも、亡くなってはいるけど、ほんの少し
 親孝行できた気がしました。
 橋本さん、本当にありがとうございました。」

なんか、私自身も感無量でした
。゚(゚´Д`゚)゚。

Oさんのお父さんからも
「あ・り・が・と・う」と言われたような気がしました。

その日の帰り、澄み切った青空を見ながら
帰宅した私でした・・
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆


亡くなった両親が言えなかったこと・・・その1

東北は夏祭りの真っ只中\(^o^)/
こんにちは!「かおる~む」の橋本です。

お盆前に家系図を作って欲しい!
親戚に見せて、先祖の供養をしたい!

ということで、7月から次々と家系図作成の
ご依頼をいただいております。o(^▽^)o

今回依頼のOさん(60代のかた)
出身は青森県から離れたS県のかたで、
若い時から故郷を離れ、縁あって
青森県で起業し、現在奥様とふたり暮らし。
奥様とは50代で知り合い、お子様はおりませんが
仲のいいご夫婦です。

実家の長男であるOさんは、ふと自分のルーツを
調べたくなったそうです。
実家に住んでいる実弟さんに、除籍謄本を
取ってもらい、初めて自分および先祖の戸籍を
見たそうです。

依頼を受けて、家系図代行作成し、納品に行った
時のことでした。

私 「Oさんのお父さんは、おじいさんと養子縁組
 してるんですねえ~」
Oさん 「えっ?そんなはずはないです。
  父は祖父と祖母の実子ですよ!」
私 「・・・(゚△゚;ノ)ノ

一瞬、事実をこのままお伝えしていいのか?
迷いました。

しかし、もうOさんの両親は故人です。
思い切って、謄本に書かれてある事実を
お伝えしました。

私 「謄本を読み解きますと、もしおとうさんが
祖父母の実子だとすれば、養子縁組の届けを
するはずがないのです。
ただ、Oさんがまったく知らなかったのであれば
それはご両親のお考えがあったのでしょう。」

しばしOさん絶句。゚(゚´Д`゚)゚。

この続きは、また次回



いきなり北方領土への墓参が・・・

(´;ω;`)(* ´ ▽ ` *)暑い日が続いています。
こんにちは!
「家系図作成代行」をしている橋本亮子です。

さてさて、今回はお名前を出しても大丈夫と
許可を頂きましたので、こんな奇跡をお伝えしますね
(* ´ ▽ ` *)

今回、母方の家系図作成を依頼してきたのは、
西川禎(にしかわ さちよし)さん

お父さんが、北方領土の択捉島出身で、現在
青森県八戸市に在住です。

去年の7月に、西川さんから
「親父の自分史を制作したいので、よろしく!」と
ご依頼をうけ、西川さん親子へのインタビューを
させていただき、本を制作しました。

題名は
「遥かなる択捉島~故郷に帰れない私の人生~」

戦前の裕福な子供時代から、戦後の混乱を経て
八戸市で事業を起こした一代記を書かせて
いただきました。

お盆前に、本が出来上がったとたん、北方領土への
墓参の話が外務省からあり、西川さん親子は
9月に無事、択捉島を訪問する奇跡が起こったのです。

今回もまた、家系図作成を依頼されたとたん、
外務省から連絡が突然あり、
北方領土への墓参に、今度はお母さんと一緒に
いったのでした。

以前、択捉島訪問の際、おばあちゃんのお墓を
見つけたらしいです。
で、今回は・・・
なんとその墓参で、1度も会ったことのない
親戚と会い、お互い名乗りをあげたとのこと。

その親戚は今回の墓参が初めてだったらしく、
おばあさんのお墓に案内したら、号泣したとのこと。
(´;ω;`)


本当にこんな奇跡ってあるんですね~
(((o(*゚▽゚*)o)))


カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
プロフィール

Author:かおる~む
楽しく学んで♫楽しく学べる♫ 
『生涯学習サロン』です。
分かるまで何度でも、繰り返し受講でき、曜日・時間も自分で決められ、振替自由!!共有スペースで講座の前後に受講者同士でお茶を飲みながら、おしゃべりしたりコミュニケーションが楽しめます♫

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。