FC2ブログ

いきなり北方領土への墓参が・・・

(´;ω;`)(* ´ ▽ ` *)暑い日が続いています。
こんにちは!
「家系図作成代行」をしている橋本亮子です。

さてさて、今回はお名前を出しても大丈夫と
許可を頂きましたので、こんな奇跡をお伝えしますね
(* ´ ▽ ` *)

今回、母方の家系図作成を依頼してきたのは、
西川禎(にしかわ さちよし)さん

お父さんが、北方領土の択捉島出身で、現在
青森県八戸市に在住です。

去年の7月に、西川さんから
「親父の自分史を制作したいので、よろしく!」と
ご依頼をうけ、西川さん親子へのインタビューを
させていただき、本を制作しました。

題名は
「遥かなる択捉島~故郷に帰れない私の人生~」

戦前の裕福な子供時代から、戦後の混乱を経て
八戸市で事業を起こした一代記を書かせて
いただきました。

お盆前に、本が出来上がったとたん、北方領土への
墓参の話が外務省からあり、西川さん親子は
9月に無事、択捉島を訪問する奇跡が起こったのです。

今回もまた、家系図作成を依頼されたとたん、
外務省から連絡が突然あり、
北方領土への墓参に、今度はお母さんと一緒に
いったのでした。

以前、択捉島訪問の際、おばあちゃんのお墓を
見つけたらしいです。
で、今回は・・・
なんとその墓参で、1度も会ったことのない
親戚と会い、お互い名乗りをあげたとのこと。

その親戚は今回の墓参が初めてだったらしく、
おばあさんのお墓に案内したら、号泣したとのこと。
(´;ω;`)


本当にこんな奇跡ってあるんですね~
(((o(*゚▽゚*)o)))


スポンサーサイト



ひいおじいさんの名前知ってる?

\(^o^)/こんにちは! 

生涯学習サロン「かおる~む」の橋本です。

さて、昨日のブログの続きです。
なぜ、自分で先祖のお名前を書いてみることを
大切にしているか?

突然ですが

あなたに質問です。

「あなたの父方または母方のおじいさんの名前
知ってますか?」

実は・・・

この質問に20代30代のかたは、答えられない人が
多いんです。゚(゚´Д`゚)゚。
核家族世帯が多く、ほとんど祖父母と一緒に
暮らした経験がないのでわからないのでしょうね。

もう一つ、あなたに質問です。

それでは、あなたのひいおじいさんのお名前
 知ってますか?」


40代50代のかたでも、この質問に答えられる
ひとは、ほんのわずかです。

かく言う私も、自分で除籍謄本を取るまで
知りませんでした(;_;)

除籍謄本を取って、自分でひいおじいさんや
ひいおばあちゃんの名前を書いてみる。
そうすると、顔を見たこともないご先祖様ですが
「こんな名前だったんだあ~」と
ぼんやりと繋がっている感じが湧いてくるのです。

前にも、ブログで書きましたが、そのかたたちが
存在しなければ、あなた自身も存在しないのですよ。

ほんとっ\(^o^)/
命を繋ぐって大切なことなんだと
家系図作成をしてて、思わされますね


今、生きているあなたが、この先亡くなって
あなたの見たこともないひ孫やひいひい孫ちゃんが
仮に家系図作って、あなたの名前を
見つけてくれたら、あの世にいるあなたは
どう思いますか?

嬉しい☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆でしょう!

その嬉しさが、いろんな奇跡を起こして
くれるのではないでしょうか?

さあ、次回は、その奇跡の一部をご紹介
しますね。+゚。*(*´∀`*)*。゚+


家系図作成講座ってなにやるの?

o(^▽^)oこんにちは!

「かおる~む」の橋本です。

「かおる~む」は、青森県八戸市にあります。
毎月のイベント開催の告知は
主に地元新聞社のイベント欄で告知
しています。

なぜか?

イベント対象者は、シニア層であり、その世代が
情報を見るのは、やはりアナログの新聞が
一番だからです。

地元新聞社も近隣の市町村に購読者を
持ってますので、イベントには比較的遠くの
かたも、参加いただいてます。

さあ、そこで・・

家系図作成講座は、どんな風に進めているのか?

みなさん、除籍謄本をお持ちいただいてます。
本来なら、自分で作成することも可能なんです。

だけど・・・

作成するのは、高いハードルがあるんですね~
。゚(゚´Д`゚)゚。

それは
①古い除籍謄本は、昔の漢字で書かれてあるので、 
  解読できない。
②それぞれの関係性が、わからない
などなど

そこで・・・

その除籍謄本を解読し、家系の関係性を整理して
書くサポートする講座なのです。

当然、両親・祖父母・曾祖父母・高祖父母の
お名前はご自分で書いていただきます。


謄本を私が解読しながら、先祖のお名前を
書いていく作業なので、だいたい父方直系先祖を
やるだけで1時間半はかかりますね~

自分で「ご先祖のお名前を書いてみる」という
ことを、この講座では大切にしています。
o(^▽^)o

大切にしている理由は、また次回に・・・

除籍謄本をまず取ってみよう!

(^∇^)ノこんにちは!

「かおる~む」の橋本です。

「かおる~む」では、毎月シニア層向けの
イベント開催をしています。

そのイベントのひとつが
「自分の先祖を除籍謄本で探す」
家系図作成講座
~江戸時代後期までさかのぼって
 作れます~
なんですね。

ご予約をいただいて、ひとり1時間半
家系図作成のサポートをします。
参加料 2,000円
(資料、お茶代込)

ご予約いただいたお客様は、事前に
作りたい直系の先祖の除籍謄本を
ご用意していただいてます。

もちろん、謄本取得のお手伝いもしますよ。

除籍謄本は「亡くなったかたの戸籍謄本」です
なので、そのかたの本籍地でしか取れません。
そして直系のかたしか、取得することは
できません。(´・_・`)

かりに、おじいさんが○○県○○市の本籍地で
あれば、郵送で申請手続きとなります。
ちょっと、面倒くさい手続きなので、その
お手伝いもするわけです。

そして、お客様のお手元に除籍謄本が届き次第、
講座の日時予約をしていただいてます。

どんなことをサポートしてるの?

講座の内容については、次回お伝え
しますね(^∇^)ノ


父の日のサプライズプレゼント!

(*^_^*)こんにちは!

家系図代行作成もしている「かおる~む」の橋本です。

さて、昨日のS社長の続きの話

父の日に、S社長はいつもプレゼントをしたことが
なかったので、今回「はい。父の日のプレゼント!」と
高齢のお父さんに家系図を渡しても、
まったくのノーリアクション(ノ_<)

ちょっとガッカリしてその日帰宅したS社長でした。

ところが、翌日母親から、父親が朝からずっと
家系図を見て動かないという電話を受けたそうです。

その日の夕方、また両親の家を訪ねたS社長。
両親のどちらの先祖も相馬藩士だったという
ことを教えたそうです。

母「この家系図、相当費用かかったでしょう!
  でも、私のほうも調べてくれて嬉しかったよ。
  おじさんおばさんの懐かしい名前が見れた
  ありがとうo(^▽^)o」

「これは、うちの家宝にする。よく調べてくれた!」

両親の喜びの声を聞き、「親孝行」できたとようやく
喜べたS社長でした。

そして、またその翌日。S社長から電話が・・・

「いや~家系図と関係ないかも知れないけど、
 親父に家系図渡したすぐあと、何年も取引先の
 なかったお客さんから、大口の注文が入ってね~
 今月、売上不振だったから、助かったo(≧ω≦)o
 これもご先祖様のおかげだね~」

良かったね!S社長

それでは、また

うそ~私の先祖が相馬藩士?

こんにちは!

家系図を代行作成している「かおる~む」の橋本です。

先月依頼を受けたお客様は、ある商店の社長Sさん。
ちょうど、6月は父の日があり、今年80歳近くに
なる父にプレゼントとして家系図を送りたいとの
依頼でした。

「親父もお袋も福島県相馬市の出身。だけど代々
農家じゃないかなあ?おじいさんは、国鉄の駅長を
してて、勉強好きだという子どもの頃の印象がある。
おじさんたちは、波瀾万丈の人生の
ひとが多いなあ~」( ノД`)

6月17日の父の日に間に合わせるため、大急ぎで
八戸本籍の戸籍謄本を取ってもらい、相馬市へ
除籍謄本取得依頼の申請書を送りました。

すぐに、謄本が送られてきて、家系図・家系譜を
作成開始。
ちなみに、「家系譜」とは先祖の生没年月日や
本籍地、婚姻届日などを記載したものです。

S社長の父方先祖は4代前までわかり、
母方先祖は6代前まで遡る

ことができたのです。
6代前というと、なんと江戸時代中期ですね~(°_°)

そして、先祖のお名前から、江戸時代相馬藩の武士
だったということが判明
(福島県の郷土史に載ってあった)

S社長に、家系図・家系譜を納品し、先祖は武士だったと伝えると
「えっ?うそ~百姓だったんじゃないの?」((((;゚Д゚)))))))

この続きは、またあした!

家系図ってミステリー!

こんにちは!
シニア層の生きがいをサポートする「かおる~む」の橋本です。

最近は家系図代行作成依頼のお客様が多く、作成したかたから
こんな奇跡が起こった~」とお知らせを受けることが、しばしば
あるので、この機会にブログで、時々どんな奇跡が起こっているのか?
アップしていこうと思います。

まず、今回は家系図作成を依頼してくるお客様の理由は
それぞれにあるんだなあと、改めて感じることがありますので、
その理由をいくつかお伝えしますね。(^∇^)ノ

依頼のお客様はほとんどが、50代から70代のかたが多いですね。
やはりその年代になると自分のルーツが気になってくるのだと思います。

でも、みなさん考えてみてください。♪(/・ω・)/ ♪

あなたが今生きているのは、本当に奇跡の出来事ですよ。
もちろん両親がいたから、あなたが生まれたのですが、その両親も祖父母が
いなければ存在しません。
そしてその祖父母も、曾祖父曾祖母がいなければ、あなた自身が存在しないんですよ。

つまり、あなたの誕生はミラクルな出来事だということです。
家系図作成をしたいという思いに至ったかたは、まさにそのミラクルを探すための
ミステリーツアーの参加者だということですね。

さて、そんなお客様に聞いた家系図を作成したくなった理由をお聞きすると

「高齢の父親から、今のうちに家系図を作成しろ!と頼まれた」
「分家に嫁いできたのに、本家の役割をさせられている理由を知りたい」
「この機会に家系図から、今後の親戚の付き合いの幅を確認したい」
「父の日のプレゼントに家系図をプレゼントしたい」
「なぜ、うちは離婚家系なのか?が知りたい」

など千差万別の理由です。

なかには
「この前、ラジオを聞いたら、家系図を作成すると運気が上がると言ってたから~」
なんていう40代の主婦のかたもいらっしゃいました。

そこで、次回からミステリーツアーに参加した家系図を作成したお客様に
どんなミラクルが起こったのか?

お伝えしていきますね。お楽しみに~


カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
プロフィール

Author:かおる~む
楽しく学んで♫楽しく学べる♫ 
『生涯学習サロン』です。
分かるまで何度でも、繰り返し受講でき、曜日・時間も自分で決められ、振替自由!!共有スペースで講座の前後に受講者同士でお茶を飲みながら、おしゃべりしたりコミュニケーションが楽しめます♫

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR